›
 ›
名古屋大学附属図書館の利用について

名古屋大学附属図書館の利用について

 2020年4月から、岐阜大学と名古屋大学は法人統合により国立大学法人東海国立大学機構 の構成大学となりました。
 それに伴い、岐阜大学の所属者(学生・教職員)は名古屋大学附属図書館の中央図書館および医学部分館を名古屋大学所属者と同じ条件で利用できるようになります(一部サービスを除く)。
 2020年6月4日(木)から、名古屋大学附属図書館の利用証の発行申請の受付を開始します。

●注意事項(図書館の利用開始について)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、本日現在まだ 名古屋大学に行き図書館を利用することはできません。
名古屋大学附属図書館の利用が可能になりましたら、図書館ホームページ等でお知らせしますので、随時ご確認ください。
 

名古屋大学附属図書館の利用を希望する岐阜大学の方へ

ご利用にあたって

  • 岐阜大学の所属者が名古屋大学附属図書館を利用するときは、名古屋大学附属図書館から発行される利用証が必要です。
  • 利用証の発行をご希望の方は、岐阜大学図書館で事前に申請してください。
     発行には時間がかかるため、時間に余裕をもってお申し込みください。
  • 名古屋大学の学生証・職員証をお持ちの方は申請できません。
  • 名古屋大学附属図書館の「中央図書館利用証」をお持ちの方は、申請の際に「中央図書館利用証」の利用者IDをご記入ください。
     

サービス対象者

 岐阜大学に所属する学生・教職員


対象館

 名古屋大学附属図書館 中央図書館および医学部分館(保健学図書室を除く)
  ※これ以外の、学部図書室等は利用の対象外です。


利用証の発行

  1. 利用証交付申請書 の太枠内を記入し、平日開館日の17:00までに、岐阜大学図書館本館または医学図書館の2階カウンターへ提出してください。
    提出の際は、必ず学生証・職員証も持参してください。
     
  2. 提出から一定期間後に、名古屋大学附属図書館で利用証が発行されます。
     ※受取開始日は申請時にお知らせします。
     
  3. 岐阜大学の学生証・職員証を持参して名古屋大学附属図書館へ行き、カウンターで図書館利用証を受け取ってください。
     ※利用証の受け取りは、当面の間、中央図書館のみで可能です。