›
お知らせ

図書館所蔵資料の文献複写(e-DDS)実施について(本学教員向け)H24/5/1運用開始

概要 e-DDS

概念図

  • 図書館本館及び医学図書館に所蔵する資料の画像データ(pdf)をWeb上で提供する有料サービスです。
  • 図書館へ来館することなくお申し込みから文献入手までの全てを研究室に居ながらにして行えます。

【注意】製本状態等によってスキャンできない資料は紙媒体でのコピーを学内便で送付しますので少し時間がかかります。

利用対象者

  • 運営費交付金(寄付金(委任経理金)を含む)予算をお持ちの岐阜大学教員。

文献複写業務の対象資料

  • 電子ジャーナルを除く図書館本館及び医学図書館の所蔵資料。

図書館所蔵資料の文献複写ご依頼方法

※ H27/5/12~ OPAC機能追加により雑誌検索後の一括所蔵画面内「複写申込」ボタンにて②もしくは⑤以降に画面遷移します。
(「複写申込」ボタンを押しても画面遷移しない時はブラウザのキャッシュ(インターネット一時ファイル)を削除してください。)

MyLibraryに接続してください。(OPAC及び図書館HP内にもMyLibraryへのハイパーリンクが張ってあります。)
②E-mailアカウントと同じID、パスワードをご入力ください。(シボレス認証ですので入力不要の場合もあります。)
③画面左の「文献複写・図書貸借依頼欄」確認/依頼する(有料)をクリックしてください。
④画面上部中央付近の「新規依頼」ボタンをクリックしてください。
⑤赤文字の各必須項目に必要事項をご入力ください。
⑥コメント欄に【e-DDS】とご明記ください。
 また、寄付金(委任経理金)での支払い希望の場合は、その旨とプロジェクトコード等の財務会計コードを必ずご明記ください。
⑦画面下部の「学内所蔵を確認しましたか?」欄で「はい」のラジオボタンをクリックしてください。
⑧「入力内容確認」ボタンをクリックしてください。
⑨表示の依頼内容をご確認の上「依頼を行う」ボタンをクリックしてください。

文献の受け渡し(画像データ)

  • 画像データ閲覧方法等の詳細は、お申し込み時のE-mail宛にご連絡いたします。
  • 紙媒体への出力は以下のことを遵守の上ご自身のパソコンでご対応願います。

著作権法遵守事項

参考:大学図書館における著作権問題Q&A(第8版)

  • PDFファイル等のデータ保存を行わないこと。(文献画像データを印刷して保存してください。)
  • 印刷は1部のみしか認められていません。(複数部印刷は不可。)
  • 第三者へのPDFファイル及び印刷物の配布を行わないこと。
  • 第三者へのURLの通知を行わないこと。
  • 図書・雑誌の全頁複写(依頼)はできません。
  • 雑誌の最新号の複写(依頼)はできません。ただし、発行後3カ月を経過したものは複写(依頼)ができます。

注意事項

  • e-DDS依頼を受付後の処理は、おおむね一両日中(業務日)の完了予定です。
  • 至急に文献コピーが必要な場合は、e-DDS依頼ではなく従来通りにコピーカードにてご自身でご対応ください。
  • 文献画像データは、E-mailでお知らせする利用期間内に、学内LANに接続のPCからご利用ください。
  • 利用期間(閲覧可能日から14日以内)を過ぎると文献画像データファイルはe-DDSサーバ上から自動的に消去されます。
  • 文献画像データの利用(閲覧)の有無にかかわらず課金対象になります。
  • 貴重書や破損するおそれのある資料については複写依頼をお断りする場合があります。
  • 電子ジャーナルは対象外となります。

文献複写料金及び研究費(運営費交付金、寄付金(委任経理金))からの予算換について

  • 文献複写料金は、20円/枚です。
  • ご利用月の翌月に文献複写料金を研究費から予算換させていただきます。
    (通常のNII経由での文献複写取り寄せ等と同様に学部会計に予算換額を報告します。)